2013年09月30日

温泉レポ:初谷温泉

群馬・長野温泉旅行1日目に宿泊しました。

初谷温泉
初谷温泉外観(1)


荒船山の山麓、国道254号から山中に1km程入った、沢沿いに建つ秘湯の温泉旅館です。
初谷温泉外観(2)


館内は、木をふんだんに使った造りで非常に綺麗です。
落ち着いた大人の雰囲気といった感じの宿ですね・・・
館内


ロビー


今回は「藍」という部屋に宿泊しました。
部屋(1)


部屋は10畳の和室に広縁・・・
部屋(2)


寝室は別になっていて、2人では勿体ない位の広さでした。
部屋(3)


寝室の外にはテラスが付いていました。
ベンチが備え付けられ、下に流れる沢の音を聞きながら寛げました。
部屋(4)


風呂は男女別の内湯が1箇所あります。
お風呂(1)


こちらが内湯の様子・・・
左は真湯、右側が温泉浴槽です。
お風呂(2)


内湯のみですが窓が大きく、圧迫感はそれ程ありません。
前に広がる森と下に流れる沢を眺めながら入浴出来ます。

温泉は源泉の温度が14℃と低いために加温していますが、加水なしの源泉かけ流しです。
湧出量が少ないため、浴槽は非常に小さく、2人入れば一杯になる大きさでした。
お風呂(3)


部屋数が8室しかないので、この大きさでも十分かなと思いました。
実際、他の方と風呂で一緒になったことは殆どなかったです。
無理に浴槽を大きくせず、源泉かけ流しに拘る姿勢は良いですね・・・

浴槽の奥に見える、四角い箱のようなものから蒸気を注入して加温していました。
その手前にある投入口から、定期的に源泉が注がれるようです。
源泉が投入される所は見られなかったので、間隔は結構長いのかもしれません・・・

お湯の表面には温泉成分が膜を張っていました。
お風呂(4)


お湯は茶褐色の濁り湯です。
鉄錆のような臭いで、舐めると塩気を感じます。
炭酸を含むお湯ですが加温しているためか、泡付は見られませんでした。
温めのお湯ですが、長く浸かっているとポカポカと温まって来ます。
なかなか良いお湯です。

宿の裏手にある源泉(宝命水)は、自由に見ることが出来ました。
宝命水(1)


飲泉も出来ます。
塩気のある微炭酸といった感じですね・・・美味しくはないです。
宝命水(2)

食事は、食事処で頂きました。

この日のメニュー
お品書き


どの料理も美味しく、見た目も綺麗でしたね・・・
地元佐久の名物、鯉料理が出ましたが、臭みも無く非常に美味しかったです。
岩魚の塩焼きは、嫁さん共々大満足でした。
夕食(1)


夕食(2)


夕食(3)


夕食(4)


夕食(5)


夕食(6)


朝食も美味しかったですね・・・
朴葉味噌焼きは、ご飯が進みました。
朝食(1)


朝食(2)


評価(5点満点)
お湯:3、施設:4、眺望・開放感:2、食事:4
良く温まる良いお湯でした。
欲を言えば、もう少し投入量が多ければ・・・
湧出量が少ないので仕方ないですね。
湧出量に見合わない大きな浴槽にして、循環、塩素投入するよりも僕は好きです。
料理は非常に美味しかったですね・・・
施設も綺麗で、満足度の高い宿でした。

DATA
初谷温泉
住所:長野県佐久市内山352−イ-1
TEL:0267-65-2221 
料金:1泊2食付14,850円〜
泉質:含二酸化炭素−ナトリウム−塩化物・炭酸水素塩冷鉱泉
源泉温度:14.3℃、PH:6.47
HP:http://www.shoya.co.jp/


トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
プロフィール
管理人:Michy
冬はスキー、春から秋は旅行や登山・・・
四季を通じて悠々自適に人生を楽しみたい、
そんな管理人のブログです。

趣味:
スキー、写真、旅行、温泉、登山、庭仕事


1クリック御協力をお願い致します。

※掲載した記事、画像の著作権は当ブログの管理人に帰属します。
無断での転載、商用利用はお断り致します。利用の際はメッセージ欄でご一報下さい。
尚、ブログ内の情報により被った損害、損失には一切の責任を負いかねます。
ご了承下さい。
最新コメント
記事検索
月別アーカイブ